旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

なんと末期ガンがたった一日で治る! 世界を変える奇跡のガン最新治療法「光免疫治療」―まとめ

医療

なんと末期ガンがたった一日で治る! 世界を変える奇跡のガン最新治療法「光免疫治療」―まとめ
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

オバマも驚いた、日本人研究者の実験&発見によって生まれた、画期的がん治療法❗

前大統領・オバマ氏

出典 http://www.cnn.co.jp

みなさんのなかには、もうすでに「光免疫療法」という言葉をご存知のかたが大勢いらっしゃるかもしれません。

特に、現在ガンを患っている方、家族・親戚・友人・会社の同僚の方がガンで苦しんでいる方などはすでにご存知かもしれません。

ここでは、その「光免疫療法」を「初めて聞いた」という方も含めて、それが「いかに革命的な最先端のがん治療法であるか」をだれにでもわかりやすく、ご説明していきます。

「オバマケア」という保険医療制度を作ろうとした前オバマ大統領は、2012年の任期中の一般教書演説で、「この『光免疫療法』は多くのがん患者を救う画期的ながん治療法として、もうすぐ実現するだろう。多くの期待を寄せている」と発言し、一気に全米、全世界に「光免疫療法」への関心が高まりました。

いまから、この「光免疫療法」がいかに画期的であるか、間違いなく世界を変えるであろう、そのポイントを説明していきますが、驚いたのはこの治療効果だけでなく、この革命的医療法の発見者が、米国立がん研究所(NCI:National Cancer Institute)の主任研究員である「小林久隆(こばやし・ひさたか)」氏という日本人であるという点でもあります。


多くの苦痛と我慢・ストレス、高額な費用が伴った、これまでのがん治療法

これまでの標準的がん治療とはどんなものだったでしょう(下図参照)。

(1)まずどこにがんがあるか(および、どんな種類のがんか)を特定。

(2)次に症状の進行具合を確認し、部位とステージの状況から、切開手術できるものなら手術をして、がんに侵された部位を削除する。
(末期がんや全身転移の場合は「手遅れ」のため手術をせず、激痛を軽減する「麻酔」を打つぐらいしか手がなく、そのまま患者の死を待つ。)

(3)術後、がんの増殖、再発、転移を防ぐに、抗がん剤の投与を何度かにわけて行う。


だが、通常の人間にとって、「切開手術」「抗がん剤」がどれだけ大きなストレスになるかは、もう誰もが知っています。

手術による体への負担、術後はリハビリに加え、自宅に戻ってからも、長い時間にわたる辛い抗がん剤治療が待っています。

がん増殖・再発を抑えるぐらいの強力な抗がん剤は、当然ながら、全身の通常の健康な細胞(および免疫細胞)をも殺してしまうために様々な副作用が起こり、私たちの体力、免疫力をも劇的に弱めてしまいます。

たとえば、食欲不振、頭髪の脱毛、吐き気、そして身体的な辛さと精神的な不安から、うつ症などの症状がほとんどの患者さんに発生します。

そこまで苦しんでも、がんの再発や転移が起こらない保証はどこにもなく、再び「手術」「抗がん治療」を続ける患者さんや、亡くなってしまう患者さんも多い、というのが現状です。


まとめれば、これまでのがん治療は次のような問題点がありました。

 ●手術による体への重い負担

 ●抗がん剤(あるいは放射線治療)の深刻な副作用

 ●長期療養と高額な費用

数年前、画期的ながん特効薬といわれた「オプジーボ」が実用化され、大騒ぎになりましたが、1回の投与が100万円、一年続けると3,000万円の費用がかかると言われ、とても一般人には手がないものでした。
(しかも、投与後の副作用の報告もありました。)


http://www.zenritusen-gan.com/img/tiryou.gifより

これまでのガンの3大療法

たとえ末期であれ、「ほとんどのがん細胞を、ほぼ1分で破壊してしまう」という光免疫療法の衝撃的効果!

ところが、約2年前の2015年、日本人医師・小林久隆博士の研究により、これまでのがん治療法を根底から覆す、まさに奇跡的ながん知慮法「光免疫療法」が公式に発表され、世界中を驚かせたのです。


その驚くべき治療法を簡単に説明しましょう。

(1)手術は必要なし! ガン細胞の表面だけにくっつく特別な化学物質を静脈注射により体内に注入する

(2)体に全く害のない「近赤外線」を、(1)の化学物質がくっついたガンに照射する

(3)数分後(早ければ1分以内で)、ガン細胞が破裂して、がん細胞が消える


信じられないことに、なんと治療プロセスは、たったこれだけなのです。

もう少し詳しく説明しましょう。


(1)これまでの標準的ガン治療法に比べ、手術による長期入院、麻酔後の手術の痛み、術後のリハビリ等は必要なくなる。

(2)ガン細胞だけでなく、ガンの周囲や体全体の(免疫)細胞を殺してしまう放射線療法や抗がん剤治療に対し、無害な近赤外線を放射してがん細胞だけを破壊するので、他の(免疫)細胞には一切影響がない。

(3)手術、その後の抗がん剤治療が必要なく、ほぼ1日の通院だけでガンが治る。副作用もない。


これが「夢のガン治療」でなくて、いったいなんでしょう??

痛みなし。一分以内でガンが死滅。その後の副作用もなし。その結果、ガン治療の費用が劇的に安くなる!


手術も副作用もない超短期間によるガン治療がもたらすものは、ガンの治療費が劇的に安くなるということです。

抗がん剤の場合、ガンの種類によってそれぞれ微妙に異なった薬物が必要になるので、医師の負担も大変なものですが、これまでの臨床試験によって「光免疫療法」では、数種類の化学物質(薬物ではありません)だけで、8〜9割のガンが治ることがわかっていることも革命的なことです。

光免疫療法の驚くべきシンプルな仕組み

それでは、この革命的な光免疫療法が、どうやってガン細胞を殺すのか?

そのしくみを、まずは映像で見てみましょう。

(画面の横で解説しているのが、この光免疫療法の研究開発者、小林久隆氏その人です。)


わかりやすく、この映像を補足して説明します。


映像の最初に黄色い「Y字」型をしたもの登場しますが、「抗体(こうたい)」とという、ガン細胞だけにくっつく化学物質です(ほかの通常細胞にはくっつきません)。

この黄色い抗体に、近赤外線が当たるとそのエネルギーを吸収して発熱する特別な「色素」(映像では灰色の球体)をつけます。

それを、静脈に駐車して、体内に注入するのです。

すると、色素のついた抗体は、紫色をしたガン細胞の表面に出ているうさぎの耳のような突起部分にくっつきます。

そこで、近赤外線を照射すると、色素が反応を起こして熱を発生し、ガン細胞の表面に傷をつけ、穴を開けてしまいます。

すると、その穴からまわりの水分が一気にガン細胞内に流入するため、ガン細胞はどんどん膨らんでいき、あっという間に破裂してしまうのです。

破裂したガン細胞の死骸は、周囲の免疫細胞が寄ってきて、格好の餌としてきれいに食べてくれる、というわけです。


下は、実際にX線で見た「光免疫療法」によるガン細胞破裂の様子(約1分)です!


転移したガンも「光免疫療法」なら、短時間で殺されてしまう!

先ほど述べたように、「光免疫療法」で特定のガン細胞が破裂して死んでしまうと、免疫細胞が反応して全部食べてしまいます。

すると、この免疫細胞は殺されたガンの情報を正確に知ることになります。

その後、血流に乗って全身を巡り、他の免疫細胞にもその情報をわたしてくれるので、わずか数時間のうちに転移がんをも攻撃し始めます。

以下は、小林先生ご自身の説明です。

放射線でも化学療法でも、これ以上は人間の体が耐えられないという限界があります。しかし光免疫療法には抗体の投与量限界も、照射量の限界もありません。がんが再発しても、何度でも治り切るまで出来る治療なのです。

出典 http://www.houdoukyoku.jp

肝心の「光免疫療法」の費用はいくらかかるのか?


いくら革命的な治療法とはいえ、肝心なのは治療にかかる「費用」です。

前述したとおり、治療方法がきわめてシンプル、手術の必要もなく、超短期間で治療が終わるので、費用も劇的に安くなるといわれています。

以下、小林先生の言。

抗体が一番費用がかかる部分ですが、使う量が大したことないので、そんなにお金はかからない。近赤外線は、レーザー1台あればいくら使っても減るものではありません。

出典 http://www.houdoukyoku.jp

ご覧の通り、この「光免疫療法」はまさに革命的な治療法であるがゆえに、アメリカでは急速に臨床実験が行われ、すでに日本でも昨年暮れから開始されていて、早ければ2018年内に終了するとのこと。


でも私たちにとって最も気にかかるのは、肝心の費用はいったいどれくらいかかるのか、ということです。

実は、この「光免疫療法」のプロジェクトは、楽天の三木谷社長がじきじきに、アメリカのベンチャー企業に「個人的」に出資して行われているとのこと。

すばらしいことに、三木谷社長は、2017年に行われた「スペシャルセッション:小林 久隆 -NEST2017-」という講演会でのゲスト・インタビューで「できるだけ適正価格で」と語っているように、保険が適用されることを目標に検討中のようです。



一説によれば、仮に保険適用されないケースで試算した場合、100万円~200万円ぐらいではないか、とのこと。

手術代、入院費、抗がん剤治療費がかかる従来の治療に比べれば、この金額でもきわめて低い負担といえるでしょう。

幸い日本の場合、「高額療養費制度」があるので、保険が適用されれば、治療全体の負担額は「数万円程度」といわれています。

これが現実になれば、現在ガン患者で苦しんでいる方々、そのご家族・ご友人の方々にとては、まさに「奇跡」的なできごとといっても過言ではありませんね。


日本では、いつごろこの治療が受けられる予定なのか??


そして、現在ガンで苦しんでいる患者の方々にとって、費用のほかに最も気になることは、

 日本では、いつごろこの治療法が受けられるようになるのか?

ということでしょう。

2017年4月頃の段階で、小林先生いわく、

当初はどの程度の患者さんに適用出来るか等はあるが、日本で治療として実現するのは3年~4年後でしょうか。治験自体がアメリカが1年半ぐらい先に進んでいるので、その時間差を埋められるかという点はありますが、三木谷さんは世界同時に実用化したい、と言われています。

出典 http://www.houdoukyoku.jp

ところが、うれしいことに、その後世界的な注目を浴びたこともあり、小林先生、楽天・三木谷社長、ベンチャー企業等の努力で、臨床試験と治療実現はかなり早まったようです。


この「光免疫療法」にいち早く注目し、一昨年の暮れから取材を続けているテレビ番組があります。

テレ朝の「そもそも総研」という番組がそれで、最新の取材結果が今年(2018年)の1月初めに放送されました。


この「光免疫療法」のさまざまな現状が、非常にうまくまとめられているので、少々長いですが、最後にご紹介します。

現在ガンで苦しんでおられる方で、まだこの「光免疫療法」をご存知でない方はもちろん、そのご家族・ご友人の方々も「絶対必見!」の映像です!!

実用化は、2019年の東京オリンピック前を想定!

「光免疫療法」の日本での実用化について、テレビ番組の取材では、小林先生は「なんとか、2019年開催の東京オリンピック前までに果たしたい」と言っておられます。


2018年の2月現在、あと約2年後ということになりますが、ガン患者の方、特に末期の方にとってみれば、一ヶ月でも一日でも一秒でも早く、なんとか余命のあるうちに実用化してほしい!と思ってらっしゃると思います。

2017年の6月に乳がんで惜しまれて亡くなられたあの小林麻央さんですが、ひょっとしてこの「光免疫療法」のことはご存知だったか?

もし、もう少しもう少しがんばって、実用化まで持ちこたえていれば…。

などと、自分勝手な想像をしてしまいます。

2017年も2018年も、今日まで、有名無名、多くの方々が、きっと無念の思いで、ガンで亡くなっています。

最後に。

小林久隆先生、三木谷社長、そして、日本の厚生労働省の方々、ひとりでも多く、一秒でも早く、すべてのガン患者の方の命を救うために、ぜひとも早期の実用化を心よりお願いしたいと思います!


憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法