今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

続報❗ 驚異の「ガン光免疫療法」最新情報・まとめ 手術なし、入院なし、副作用なし、費用も激安!  末期ガンさえ一日で治る革命的ガン治療法の現在❗

医療

続報❗ 驚異の「ガン光免疫療法」最新情報・まとめ 手術なし、入院なし、副作用なし、費用も激安!  末期ガンさえ一日で治る革命的ガン治療法の現在❗
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

いまも世界中で1500万人以上が発病する「史上最強の病」

本サイトで2月末に発表した「光免疫療法」の記事(『なんと末期ガンがたった一日で治る! 世界を変える奇跡のガン最新治療法「光免疫治療」―まとめ』)は「光免疫療法のことが一番わかりやすい」という評判から、おかげさまで、これまでもそして今なお、日本はもとより海外からも非常に多くのアクセスをいただいております。

(下記、前回記事のリンク先です。文字をクリックすると、このページがリンク先のページに移動します。)

初めてのかたは、この光免疫療法に対する正確かつ、より深い理解のために、できれば前回の記事をご一読されてから、今回の記事をお読みになることをお薦めいたします。

 「なんと末期ガンがたった一日で治る! 世界を変える奇跡のガン最新治療法『光免疫治療』」―まとめ


この事実は、日本中でいかに多くの患者さんやそのご家族がガンで苦しんでいるか、わらをもすがる思いでおられるかを示すものと思い、この光免疫療法の現時点(2018年4月末)での最新情報を続報として、今回もできるだけわかりやすくお伝えしたいと思います。

(※前回の記事と多少重複する内容もあることをご了承くださいませ。)


まずは、前回の光免疫療法の記事(上記)をご覧になってないかたもいらっしゃると思いますので、まずはこの光免疫療法について簡単におさらいをさせていただきます。


当然ですが、いま世界で最も治癒が難しく、死亡率が高く、しかもお金がかかる病気が「ガン」です。

しかも、別の資料によれば、2020年には、ガン患者の数は日本全国で男女合わせて12万5千人に達するといわれています。

(資料:大野ゆう子、中村 隆、他.日本のがん罹患の将来推計-ベイズ型ポワソン・コウホートモデルによる解析に基づく2020年まで の予測:がん・統計白書-罹患/死亡/予後/-2004.大島 明ほか(編)篠原出版新社、p201-207,2004.)

また、データは少々古い(2012年の調査)ですが、全世界で新たにガンと診断された患者は1400万人という膨大な数にのぼり、このままでは、日本でも世界でも、今後さらにガン患者は急激に増加するだろうとまでいわれています。

(WHOの付属機関、国際がん研究機関[IARC]がまとめた同報告より)

「これまでのがん治療法」と「光免疫療法」との圧倒的な違い


これまで人類は、結核、ペスト、チフスなど、さまざまな「死に至る病」を克服してきましたが、ご存知のように、先端の医療をもってしても、このガンという病気だけは、残念ながら決定的な治癒法が長いあいだ確立されていません。

現在、患者さんにほどこされるのは、主に外科手術、放射線治療、薬物治療の3つだけで、どれもが患者さんの心身に多大の負担やストレスがかかってしまいます。

しかも、治療後もガン再発や他の患部への転移のリスクが高く、患者のかたは生涯不安を抱えながら生きていかなければなりません。

これまでのガンの3大両方

ところが、世界をあっと言わせたこの「光免疫療法」は、外科手術も放射線治療、薬物療法をすることすら「手遅れ」と言われ、医療から見捨てられた末期ガン患者のかたでさえ、1日で治してしまうという信じられないような驚くべきガン治療法です。

やることといえば、患者さんの静脈に特別なタンパク質(抗体)を注射をし、外からガンの患部へ近赤外線を当てるだけであっという間に(約1分)末期ガンさえ治してしまいます。

体内のほかの通常細胞や免疫細胞には何の影響もないので、つらい副作用もない。

一度、あるガンの情報を取得・記憶した免疫細胞たちは、血流やリンパ流に乗って全身の免疫細胞たちにその情報を伝えていくので、もはやガンがどこに転移しようと、これらの免疫細胞によって簡単に殺されてしまう。

しかも、上述のようにやることといえば、風邪の注射をするような極めてシンプルな方法なので、治療代も劇的に安くなる、といわれています。


まとめれば、光免疫療法の驚くべきメリットは、以下のようになります。

-------------------------------------------------------------------------------------

●末期ガンさえ、1分もあれば崩壊 ➝ その後、壊死 ➝ 治療は一日のみ。入院の必要なし!

●無害な抗体の入った液体を静脈に注射し、患部に無害な近赤外線を当てるだけなので、人体に安全 ➝ 施療が超短期間で終了! 入院なし! 手術の痛みなし! 副作用なし!

●誰もが持っている免疫細胞と免疫システムによって、転移したガンも殺してしまう ➝ ガン再発のリスクが激減!

●超シンプルなしくみによる施療 ➝ 治療費用が劇的に安くなる!

-------------------------------------------------------------------------------------

これらが実現すれば、まさに人類の歴史上、最高で最大ともいえる驚くべき成果といえるでしょう。

まさにノーベル賞100個、いやそれ以上授与されてもまだ足りない「偉業中の偉業!」「人類の医学史上に燦然と輝く大金字塔」です。

光免疫療法のしくみとは?

さらに驚くべきというか誇らしいというべきか、この光免疫療法を世界で初めて開発したのが、小林久隆(こばやし・ひさたか)さんという日本人医学者だということです。
(詳細なプロフィールはページの最下部を御覧ください。)

現在、アメリカの米国国立がん研究所(NCI)に在籍し、当治療法の実現に向けて日夜忙殺されている小林先生ですが、つい最近、このNCIが、光免疫療法のしくみを非常にわかりやすくまとめた短い正式動画(日本語字幕付き)が公開されたので、まずはそちらを御覧ください!

なお、動画中に「抗体(antibody)」「光吸収体(photoabsorbing chemical)」などという難しそうな医学用語が出てきますが、以下のように置き換えて考えていただければわかりやすいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------

 ●「抗体(antibody)[動画中の黄色いYの字のようなもの] → 特別なタンパク質でできていて、特定の細胞(ここではガン細胞)に付着する物質

 ●光吸収体(photoabsorbing chemical)[上の黄色いY字をした抗体にくっついた、灰色の球体]→特定の光(ここでは近赤外線)を当てるとエネルギーが増大し、強い化学反応を起こす物質

 ●受容体(recepter)[動画の中では、ガン細胞の表面にある青い突起部分] → 私たちの体内や外部から侵入した物質と結合して、そこからさまざまな情報を受け取る、細胞の突起物


いかがですか?

これを見ると、光免疫療法のしくみが、私たち素人にもだいたいわかると思います。

ちなみに、近赤外線とは、テレビのリモコンなどで発光する赤い光と同じなので、人体にはまったく無害です。


また捕捉ですが、壊死したガン細胞はその後どうなるのでしょうか?

これまでの放射線治療や薬物治療は、私たちの体を病原菌や異物から守る、きわめて大切な数々の免疫細胞までを殺してしまいます。

これがつらい副作用の原因で、抗がん剤などを飲むと、体力が著しく衰退してしまうのはそのためです。

しかし、この光免疫療法では、通常の細胞や免疫細胞には全く悪影響を与えないので、ガン細胞以外の細胞はいつもどおり、元気なままです。

そして、壊死したガン細胞のクズは、その近くにいる免疫細胞がすぐに「異物(敵)」と反応して、パクパク食べて体外に排出してくれます。

あるいは、弱ってしまったガン細胞に、強力な免疫細胞たちが活発に攻撃することも可能です。

つまり、ひと言でいえば、光免疫療法は、ガン細胞だけを壊し、あとは私たちが体内に生まれ持っている強力な免疫細胞のパワーに任せるというしくみなのです。

アメリカで先行していた治験が、ついに日本でも2018年3月から始まった!

もともとこの光免疫療法の研究開発プロジェクトは、小林先生と楽天社長の三木谷さんとの出会いによって始められました。

三木谷社長の父上が、数年前に、最も治癒が難しいといわれるすい臓ガンを患ったことから、世界中の最先端治療を調べていたところ、ふとしたきっかけでこの小林先生のすばらしい研究とアイディアを知るや、「なんとしてでもガンを『治る病気』にしたい!」と願った三木谷社長が、アメリカの製薬ベンチャー企業に莫大な資金を提供し、商品化の早期実現を目指しているのです。
(ページ一番下、「その他の関連情報」に、三木谷社長と小林先生の対談を掲載したサイトのリンク先があります。)

その後、まずは数年前から、アメリカの特定医療機関に、マウスやラットで行って確認してきた光免疫療法の驚くべき治療結果が、実際に人間にも効果があるかどうかを確かめるための「治験」を依頼しました。

「治験」というのは、医薬品を実際に使用・販売する前に、その安全性や効果などが確かかを、実際の人間に投与して確かめ、法的な承認を得るために行われる臨床試験のことです。(もともとは、「治療の臨床試験」の略とのこと)

また、治験の対象になっているのは、「頭頚部(とうけいぶ)ガン」の末期患者です。

具体的にいうと、頭頚部がんとは、下図のように、首から上にできるガンの総称で、

・喉頭(こうとう)ガン
・咽頭(いんとう)ガン
・舌ガン
・口腔内(こうくうない)ガン

などのガンを指します。


【図・頭頸部ガンの種類】

頭頚部がん


また、下の方でご紹介する動画でも説明されていますが「治験」は次のように全部で3段階あり、それら全部をクリアして初めて法的許可がおり、実用可能になります。

 第1段階(フェイズ1)…… 治療薬に毒性がなく、治療法が人体に安全かどうか?
 第2段階(フェイズ2)…… 治療薬・治療法にほんとうに効果があるか?
 第3段階(フェイズ3)…… 他の治療法と比べて利点や効き目があるか?

アメリカでの治験はすでに第2段階まで進んでいるとのことですが、「日本でもできるだけ早く実施可能にして、多くの患者さんを救いたい!」との小林先生と三木谷社長の強い熱意があります。

ここで、この光免疫療法の「アメリカでの治験の過程」と「治療法」、「日本での治験の予定」などを非常にわかりやすくまとめた、テレビ朝日の朝の情報番組『羽鳥慎一 モーニングショー』(放映日は2018年1月18日)のなかの「そもそも総研」というコーナーでの特別レポートをご覧ください。

なぜか他のテレビ局ではあまり取り扱われない光免疫療法のことを、詳細かつていねいに取材し続けている良コーナーです。

そして小林先生と三木谷社長の熱意が実り、ついに❗日本でも、PMDAという厚生労働省が所轄する機関の許可がおりて、今年(2018年)の3月から、千葉県柏市にある国立がんセンター東病院で治験の第一段階(毒性・安全性の検査)が開始されました。

ただ、現在はまだ誰もが治験患者になることはできません。

治験を受けるにはいくつかの資格が必要(下記リンク先参照)で、まずはアメリカにおいてと同様に「頭頸部ガン」(上図参照)を罹患している患者さんであることが最も重要な条件となります。

また、その他にもいくつかの条件をクリアしなければなりません。

その具体的条件は、この3月に日本の千葉県柏市にある国立がんセンター東病院が発表した、以下のサイトのなかの「治験に参加いただける患者さんの身体状況(患者選択基準)」で知ることができ、全条件をクリアできたと思ったかたは、サイト内に記載のメルアド宛てに、治験者希望の申請をすることができます。

 患者さん向け治験情報 > 当院で実施している治験 > 頭頸部がん


【千葉県柏市にある国立がんセンター東病院外観(上)と所在地(下)】

千葉県
柏市
国立がんセンター東病院

いったいどんなガンに効果があるのか?

次は、みなさんが最も知りたいことの一つ、現在、光免疫療法で劇的な治癒効果が期待できるのはどんなガンのなのかを、上の動画を元にまとめてみましょう。


アメリカでも日本でも、治験の対象は「頭頚部ガン患者」と言いましたが、これは別に、光免疫療法はこれらのガンにしか効果がない、という意味ではありません。

要は、「抗体」(最初の動画中、黄色いYの字のようなもの)がくっつく「受容体」(最初の動画中、ガン細胞の表面にある青い突起部分)を持った、頭頚部ガンと同じ性質を持つガン細胞であれば、ガンが体のどこに増殖していてもまったく同じ劇的効果がある、ということです。

小林先生によれば、現在わかっている範囲では、

・乳ガン
・肺ガン
・大腸ガン
・すい臓ガンの一部
・食道ガン

など(下図参照)には、頭頸部ガンと同様に劇的な治癒効果があり、人間の体内に発生するガンの約8〜9割は光免疫療法で治癒可能ではないか、とのことですから、実に素晴らしいことです。


【図・光免疫療法の効果が期待できるガン②」

光免疫療法
治る
ガン
乳ガン
肺ガン・大腸ガン
すい臓ガン

その他の関連情報

いかがでしたか?

光免疫療法が持つ効果、メリットがいかに素晴らしいものか、かなり理解されたと思います。

まだすべての治験が完了していないので、一般の患者さんが治療を受けるには少々時間がかかりますが、動画のなかでも小林先生が、「なんとか東京オリンピック開催(2020年7月23日)前には実施可能だと思っています」とおっしゃってます。

毎日つらい日々を送っておられる患者さん、ご家族ご友人のかたが多いと思いますが、ぜひ希望を捨てずに、実施の日までがんばっていただきたいと思います。

私も引き続き、光免疫療法の新しい情報がまとまり次第、続報をお届けしたいと思います。


最後に、光免疫療法に関連した他のサイトを参考までにご紹介しておきます。

ただGoogleで「光免疫療法」で検索しても、医療専門家が書いた記事が多く、少々むづかしい医学用語が出てきたりして、私たち一般人にもわかりやすいサイトは意外なほど少ないです。

それでも、光免疫療法を知るためには目を通していたほうがいいと思われるひとつが、小林先生へのインタビューを載せている下記のサイトです。



次のサイトは、国立がんセンター東病院が日本初の治験開始と同時に作成した、光免疫療法の治験に関するQ&A文書です。
(タイトルをクリックすると、PDFの文書が自動的にダウンロードされます。)

治験を希望されるかたはぜひ目を通しておかれたほうがいいと思います。


また、本文中にも書きましたが、光免疫療法の素晴らしさにいち早く注目し、アメリカの製薬ベンチャー企業に出資を決意した楽天・三木谷社長と小林先生との対談が掲載されたサイトで、おふたりの出会いの経緯やガン撲滅のための熱い思いが感じられる、必読サイトです!

あいうえお

出典 http://rakuten.today

【光免疫療法の支援者、楽天・三木谷社長(左)と、開発者の小林久隆先生(右)】



最後に、この素晴らしいガン治療法の開発者である小林久隆先生のプロフィールを載せておきます。

こばやし・ひさたか 小林久隆  米国立がん研究所(NCI)主任研究員
1961年西宮市生まれ。1987年京都大学医学部卒。1995年同大学院修了し医学博士修得。1995年よりNIH臨床センターフェロー。2001年よりNCI/NIHシニアフェロー。2004年よりNCI分子イメージングプログラムで主任研究員として、基礎研究開発部門を主導。専門は、がんの新しい画像診断方法とがん細胞の超特異的治療(近赤外光線免疫療法)の開発。近赤外光線免疫療法の開発は、2012年にオバマ大統領の一般教書演説で紹介され、2014年にNIH長官賞を受賞した。近赤外光線免疫療法は、アスピリアン・セラピューティクスにライセンスされ、2015年より頭頸部がん患者を対象にした最初の臨床治験が開始された。これらの開発で4回のNIH Tech Transfer Awardを受賞しており、NCIでは今世紀に入って初めての日本人テニュア主任研究員となった。日本では第38回日本核医学賞等を受賞する研究者であったと同時に、11年の臨床経験がある放射線診断、核医学、消化器内視鏡の専門医でもある。これらの日米での功績によって2012年に、日本政府の国家戦略室より「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」の表彰を受けている。現在、アメリカ化学会の雑誌など欧米の7誌で編集委員、多くの国際学会でプログラム委員をしている。

出典 http://www.mugendai-web.jp



それでは、次回の続報をどうぞご期待ください!!

【追記・必見❗❗】

この「光免疫療法」に関して、小林久隆先生ご自身による、さらに具体的で詳しい内容が綴られた著書、

「がん光免疫療法の登場──手術や抗がん剤、放射線ではない画期的治療」
(永山悦子・小林久隆共著)

が、現在アマゾンの医学本のカテゴリーで、ベストラー1位にランキングされています!

(画像をクリックすると、直接、アマゾンの本ページサイトに飛びます。)


「光免疫療法」についてもっと深く知りたい!という方には、まさに必読です!!




マスターシステム・ゼロ

1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

月別アーカイブ

新着記事

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法